会社設立

株式会社設立

株式会社は、株主が出資をすることによって成立する会社形態です。
所有と経営が分離されており、会社の所有者は株主ですが、会社経営・業務執行は株主総会で選任された取締役(代表取締役)が行います。

合同会社設立

合同会社とは、出資者である社員(株式会社でいう株主)が出資をすることによって成立する持分会社の会社形態です。
合同会社では、所有と経営が分離されておらず、出資者である社員が自ら業務執行を行います。

一般社団法人設立

社団法人とは、人の集合体に法人格が与えられている団体です。一般社団法人とは、平成20年12月1日に施行された一般社団法人及び一般財団法人に関する法律に基づいて設立された社団法人のことをいいます。
NPO法人と違い、監督官庁の認証等が必要なく、設立登記のみで、成立する法人です。公益性がなくても設立できます。一般社団法人の社員には,法人もなることができます。

有限会社から株式会社へ移行

有限会社から株式会社へは、株主総会において商号変更にかかる定款変更の決議と登記申請を行うことによって移行します。登記申請は、単に商号変更の登記申請ではなく、株式会社の設立登記有限会社の解散登記を同時に提出します。