電子証明書を取得するにはどのような手続が必要ですか?

「商業登記に基づく電子認証制度」による電子証明書を取得するためには、申請者(登記所に印鑑を提出した会社代表者又はその代理人)が、本店の管轄登記所に、取得のための手続をする必要があります。
具体的な手続は次のとおりです。

  1. あらかじめ利用者用のソフトウェア(※)を用意し、このソフトウェアを用いて電子証明書の発行申請に必要な情報(鍵の情報や会社代表者に関する情報)を記録した証明書発行申請ファイルを作成します。
  2. 管轄登記所に①「電子証明書発行申請書」(登記所に提出した会社代表者の印鑑を押印するとともに、発行手数料分の収入印紙(登記印紙も使用可)を貼付します。)及び②上記1.の証明書発行申請ファイル(CD、DVD又はUSBメモリに格納してください。これらの媒体は返却します。)を提出するとともに、③会社代表者の印鑑カードを提示します。
  3. 管轄登記所では、2.の発行申請を受けて、電子証明書の発行処理を行います。
  4. 電子証明書の発行処理が完了すると、その管轄登記所の窓口において、電子証明書の番号(シリアル番号)等が記載された「電子証明書発行確認票」が交付されます。
  5. 上記4.の手続が終了した後は、電子証明書の番号と管轄登記所に提出した公開鍵を指定して、いつでもインターネットを通じて、電子認証登記所から電子証明書のデータを取得することができます。なお、この取得には、上記1.の利用者用のソフトウェアが必要になります。

※法務省では、会社・法人の代表者等の電子証明書を取得するために必要な機能を搭載した利用者用のソフトウェア「商業登記電子認証ソフト」を提供しています。
「商業登記電子認証ソフト」及び電子証明書を取得するための手続の詳細につきましては、法務省ホームページ「商業登記に基づく電子認証制度」(http://www.moj.go.jp/ONLINE/CERTIFICATION/index.html)を御覧ください。
なお、電子証明書発行申請書の様式につきましては、法務省ホームページ(http://www.moj.go.jp/ONLINE/ELECTRON/13-1.html)で御案内しています。