外国会社は登記することができますか?

外国会社は登記することができますか?

外国会社とは、我が国の法律により設立され又は日本に本店を設け若しくは日本において営業をすることを主たる目的とする会社以外の営利を目的とする社団をいいますが、外国会社が日本において継続して取引をしようとするときは、日本における代表者を定め、当該外国会社について登記をすることが必要です。なお、この登記は日本において成立する会社と同種又はこれに最も類似する会社の設立登記の規定に従ってしなければならないこととされています(会社法第817条、第933条第2項)。

日本で継続的取引をしようとする外国会社は、日本における代表者を定めた日か、、ら3週間以内に 営業所を設けた場合には当該営業所の所在地を管轄する登記所に営業所を設けない場合には当該代表者の住所地を管轄する登記所に、外国会社の登記の申請をしなければなりません(会社法第933条第4項、第915条)。

なお、外国会社の日本における代表者のうち1人以上は、日本に住所を有していなければなりません(会社法第817条第1項)。