オンラインで登記事項証明書や印鑑証明書の交付を請求することができるのですか?

会社・法人の登記事項証明書及び印鑑証明書は,インターネットを利用して登記所に交付を請求することができます。
オンラインで請求された証明書の交付方法は,郵送等により送付する方法,又は請求先の登記所の窓口で受け取る方法を選択することができます。
なお,送付による場合の手数料(一通当たり,登記事項証明書は500円,印鑑証明書は410円です。
)には,郵送料等の送付に要する費用も含まれていますので,普通郵便による送付を希望する場合には,手数料のほかにこの費用を納める必要はありません。

オンラインにより登記事項証明書又は印鑑証明書の交付を請求するときは,登記・供託オンライン申請システムを利用して,次の方法によりすることができます。

①「かんたん証明書請求」による請求WEBブラウザを利用して,簡単に証明書の請求をすることができます。
ただし,証明書の請求に限られます。

②「申請用総合ソフト」による請求お使いのパソコンに専用ソフトをダウンロードして請求する方法です。

登記・供託オンライン申請システムを初めて利用される際は,次の事前準備をお願いします。

①登記・供託オンライン申請システムのユーザー登録を行う(http://www.touki-kyoutaku-online.moj.go.jp/index.html)。

②パソコンの環境設定を行う(https://www.touki-kyoutaku-online.moj.go.jp/cautions/kankyo/riyo_kankyo.html)。

③「申請用総合ソフト」から証明書の送付請求をする場合は,登記・供託オンライン申請システムのホームページから申請用総合ソフトをダウンロードし(無料),必要な送付請求書を作成する(https://www.touki-kyoutaku-online.moj.go.jp/download.html)。
なお,印鑑証明書の送付を請求される場合は,あらかじめ会社代表者の電子証明書(原則として,電子認証登記所発行によるもの(情報番号2112参照)に限られます。
)を取得しておく必要があります。

準備ができましたら,登記・供託オンライン申請システムにアクセスし,請求書の情報を送付していただければ請求完了です。